大学受験の合格に向けて評判のいい塾に通い始めよう

勉強する学生

新聞をフル活用しよう

作文用紙

継続は力なり

新聞には小論文上達のカギがたくさん詰まっています。小論文対策で頭を悩ませている方、ぜひ新聞をフル活用してみてください。作文と違い小論文には設問が設けられます。その設問やテーマにそって自分の意見を書くのが小論文だからです。テーマは時事問題から出題されることが多くなっています。そのため世間で今何が起こっているのか把握しておく必要があります。これらの情報の入手ツールとして、新聞は最適です。普段から新聞に目を通すことを心がけ、特に世間で問題になっていることに敏感になりましょう。自分の受ける学科に関係のある記事はスクラップしておくのもよいでしょう。例えば、医学部ならip細胞や小児科医師不足、教育学部なら全国学力調査や道徳の教科化などです。それらの記事に対して、人に説明できる程度の知識を持つこと。時間が許すなら自分の考えもまとめておくと便利です。設問やテーマについての読解力も小論文を書く上で必要不可欠なものです。出題者が何を意図してそのテーマを設定しているのかを読み取ることが出来なければ、書かれた小論文はテーマから外れたものとなってしまうかもしれません。設問を読み取る読解力は一朝一夕でつくものではありませんが、よい文章をたくさん読むことで磨かれていくものです。日々新聞を読み、洗練された文章に触れることはとても有意義なことであるといえます。さらに新聞の投書欄は、入試本番で課される字数制限に近い文字数で書かれたものが多く、選ばれたものだけあり構成が読みやすいものがほとんどです。社説や記事だけではなく、投書欄をよむことも小論文対策として活用することができます。