大学受験の合格に向けて評判のいい塾に通い始めよう

男女

学生に評判

兵庫大学は、看護や子供の教育分野で活躍できる人材を育てる学校です。キャリア教育を1年生から開始し、合同企業研究、マナー講座、面接対策に力を入れています。地域の住民の方とのコミュニケーションを大切にする、カフェも開いています。

婦人

サポート体制が充実

湘南工科大学は工学系に特化した大学として基礎分野から応用分野まで様々な知識や技術を学ぶ事が出来ます。学業面でのサポートから就職活動のサポートまで充実しているので、学生にとっては安心して学べる環境が整っている大学と言えます。

作文用紙

新聞をフル活用しよう

小論文で出題されるテーマとしては時事問題が多く見られます。普段から新聞を読むことで、今世間で何が起きているか情報を得ることで、小論文対策することもできます。また、読解力を磨いたり、文章構成力を身につける上でも、新聞の記事や文章は有効に活用できます。

照準を絞って

塾

早めに現実を知る

地方の公立高校に通っている場合、地域ではもっとも学歴の高い学校という扱いを受けていることも少なくありません。そこに通って、ある程度の成績をとっていれば、地元の国立大学に入学することはそれほど難しくないという場合、大学受験の対策にそれほど力が入らなくなることがあります。しかし、それ以上の難関大学を目指す場合は、その雰囲気の中でのんびりしていると、大学受験に乗り遅れてしまう可能性があります。そういった時には、これまで難関大学に生徒を送り出した実績のある塾を探し、一度通ってみるとよいかもしれません。こういった塾には、これまで難関大学受験を経験した人の成績の経緯や、いつからどういった勉強をして対応していたか、という貴重な情報を持っているのです。特に、難関大学のレベルを肌で感じるためには、学校で行っている比較的標準的な全国模試ではなく、難関大学受験を志望している人が多く受験している全国模試を、少なくとも1年前には受けておくことです。どういった模試を受けるべきかについても塾は把握しており、その模試で確実に点を取る為の勉強方法も指導してくれます。難関大に対応するための授業は、標準的な地方大学に対するものとは、根本的に違っている場合が多いのが現実であり、地方に住んでいる場合には、こういった塾でなければ対応するのは難しいのです。そのため、できるだけ早い時期に、こういった塾へ入塾しておくことが、スムーズに難関大へ挑むときには必要になります。